ゴルフウェア買取専門。ブランドウェアの査定で大好評。ゴルフウェア売るならゴルフウェア買取.com

おかげおさまで4周年

営業時間電話番号

コラム:ゴルフウェアに関するお役立ち情報をお届けします。読めば得すること間違いなし!
  • ホーム >
  • ゴルフウェアの冬服を着る時のマナー[メンズ編]

ゴルフウェアの冬服を着る時のマナー[メンズ編]

紳士のスポーツとして世界中でプレーされているのがゴルフです。ゴルフにはスポーツには珍しく審判がいません。プレーする人が、相手に礼節を持ち、そして真摯に取り組むことを前提としていますので、マナーが非常に重要視されます。
それは服装においても同じです。特定のユニフォームがないため、ある程度自由に選ぶことはできますが、実は服装にも暗黙の禁止事項があります。特に冬服には気をつけなければいけません。ここでは、冬服のマナーの男性編について紹介していきたいと思います。

ゴルフウェアのマナーってそもそも何?

実はゴルフ場によって、服装マナーが提示されています。各ゴルフ場のホームページや受付などにドレスコードが載っていますので、行く前に必ずチェックしておきましょう。これを知らないと恥をかいてしまうことになります。これからゴルフを始める人は、いろんなコースのドレスコードを見て、ゴルフウェアを購入するようにしましょう。
では、どんな服装が良いとされているのでしょうか。男性の場合、トップスは襟付きのシャツ、ズボンはチノパンのような長いパンツです。そしてシューズはゴルフ用のシューズを、ベルトは必ず着用し、帽子あるいはサンバイザーも持参しなければなりません。
逆にNGとされているのは、Tシャツ、ジーンズ、ジャージ、タンクトップ、そしてゴルフシューズ以外の靴です。特に靴に関しては、芝を傷つけてしまうような金具がついてものはNGです。そしてコースによってはOKだったりNGだったりする微妙なラインがあります。例えば、短パンやショートパンツ。これは禁止されているわけではありませんが、もし履く場合はハイソックスが必須となるゴルフ場もあります。

簡単に言えば、男性は襟付きのシャツを着て、長いパンツを履いておけば間違いありません。また、入場時限定とはなりますが、コースによってはジャケットの着用がルールとなっているところもあります。特に名門コースと呼ばれるところは格式が高いため、ジャケットは必須です。プレー中に着ることはありませんが、念のため必ず一緒に持っていくようにしましょう。

このように、ゴルフウェアにはコースごとにドレスコードが規定されていますので、しっかりと守ってプレーする必要があります。

メンズでゴルフウェアの冬服を着る時のマナーは!?

では、男性がゴルフウェアの冬服を着る時には、どんなことに気をつければよいのでしょうか。実は冬だからといって特別にドレスコードがあるわけではありません。だから、基本的には先ほど紹介したゴルフウェアのマナーを守っていれば、問題はありません。 ただ、冬場に気をつけておきたいのは防寒です。ゴルフはボールを打った後の次の位置に行く時、あるいはコース間の移動の時以外は、ずっと立っていることが多いです。カートを使って移動することもありますが、待つ時間が長いことを把握しておかなければなりません。待っている間、冬の寒さはかなり厳しいです。ですから、防寒具はしっかりと用意しましょう。
ただし、ダウンジャケットやジャンパーなど、カジュアルスタイルな物は、コース上はOKでもクラブハウスではNGの場合があります。クラブハウスではジャケットがマナーなので、入る時には羽織っているものは脱ぐのが無難です。帽子や手袋マフラーなどもクラブハウスに入る前には外しましょう。
そしてプレー時には羽織っているものは邪魔になるので、コートやウインドブレーカーはすぐに脱げるようにしておくとよいです。
ただ、いちいち脱いだり着たりするのも大変なので、ゴルフ用のインナーやネックウォーマーなどを着用することをお薦めいたします。
あまりモコモコしすぎず、それでいてしっかりと防寒できる服装を選ぶことが、冬場のゴルフウェアのマナーとなります。

冬にゴルフウェアを買うならここに気をつけよう

冬のゴルフウェアを購入する時には、プレーする時のことをイメージしながら選ぶようにしましょう。特に冬場は飛距離が落ちてしまいやすくなります。その原因の一つに、冷たい空気により空気抵抗が多いため、ボールが飛ばないと考えられております。それは仕方ないのですが、もう一つの要因として、重ね着によって体の回転が弱くなることが考えられます。
冬場は、下着、インナー、アウターと三つ着ていることが多く、それがスイングの邪魔になってしまいます。特にアウターが一番邪魔になります。だから、もしアウターを選ぶ時には、できる限りスイングの邪魔にならないタイプを選びましょう。例えばジャケットタイプのものより、ベストタイプの方が、スイング時に邪魔になりにくいのでお薦めです。
また、手足も冷えないように気をつけましょう。特に手が冷えてしまうと、指先の感覚がなくなりグリップがしっかりと握れなくなります。人によっては、ゴルフクラブを飛ばしてしまうことがあるので、危険です。ハンドウォーマーやレッグウォーマーなどがあると、防寒もできプレーもしやすくなるので、揃えておくとよいでしょう。
冬のゴルフウェアを選ぶ時は、寒さ対策ができるもの、そしてスイングの時に邪魔にならないものを選ぶことを覚えておいてください。

いかがでしたでしょうか。今回は男性のゴルフウェアの冬服のマナーについて紹介いたしました。ゴルフは一人ではできないスポーツです。一緒にプレーする方、そしてクラブハウスにいる人にも配慮しながら、身につけるものを選ぶようにしましょう。

ご質問はこちらから! お問い合わせフォームへ

オペレーターイメージ

0120-945-480 営業時間10:00~18:00

ゴルフウェアの買取り査定は無料!
どこよりも高く買い取ります!

PAGETOP

PAGETOP

ゴルフウェア買取センター(古物証許可番号 愛知県公安委員会 第542550503900号)

〒458-0023 愛知県名古屋市緑区鴻仏目2丁目102

フリーダイヤル 0120-945-480

メール info@gwkaitori.com